良い本でした

308

一気に3部を読み切る面白さでした。さすがは現代の山本周五郎です。まだまだこれからが面白そうなので次の作品が早く出版されると良いですね。

今日は奇しくも最初に修行した渋谷は道玄坂の亀寿しのお客さんが2組もお見えになりました。勿論、当時のお客様の息子さんとお嬢さんですが40年前にタイムスリップ。本当に昔話に花が咲きました。
石川亭や幸要軒。いずれも今は無き名店です。そして弘法湯。弘法大師が認めた水があったと言い伝えられた名湯でした。番台に座るきみこさんが美人でほのかに恋心を抱いたもんです。良い時代でした。

明日と明後日はお店は太志に任せて自分は出張です。
それでは

横須賀市猿島は魚の宝庫

307

写真は横須賀沖にある自然島、猿島(さしま)の漁場で獲れたアオリイカ。大型で透き通った身が堪りません。甲イカの身を持ちながらやりイカの中骨、自然界の悪戯と思えば良いのですが唯一の不思議なイカです。沖合いに住み産卵の時だけ岸に近づく中々お目にかかれないイカです。刺身、握りと真価をを発揮します。
仲買いさんの好意で安価で仕入れました。お楽しみに。

早朝リーグがありました。寄る年波できついきつい。4-0の完封勝ちで気分は最高です。

それでは

仲間です。

306

ちょっと太り気味?ですが我が野球部の主要メンバーで主将でもある”塁”君です。勿論塁が本名で野球をやる為に生まれてきた感じです。20年以上も私のサポートと言うか人の嫌がる仕事を進んでやってもらっている仲間です。良く見ると太志の兄貴って感じに見えますね。
一緒に草野球の苦労を分かち合ってきました。チームを作って40年ですが塁がいなければ続かなかったと思います。これからも宜しくお願いします。(面と向かってでは照れくさくて言えません)

走りとと名残の合流地点のこの時期沢山の魚があります。ご期待下さい。

それでは

上手くいきません。

あっと言う間にゴールデンウィークも終わり、葉桜の木々の緑も濃くなっていよいよ暑い日が多くなってきます。体調の維持に気を使って頂ければと思います。
ホームページの新設問題はなかなか上手く進みません。パソコンの移設の時も感じましたがとにかく煩雑で一度手続きすれば簡単なんですが、面倒くさいの一言です。

楽しみにしているとつたないブログのファンの方のご指摘で再開です。

ブログ中止の為ではありませんが一気に本を読破。やっぱり本屋大賞の海賊と呼ばれた男かな?百田さんの話はおもしろかったし、山本一力さんのジョン・万次郎も時の経つのを忘れる面白さ。今は鎖された海峡、逢坂剛さんに挑戦中です。

それでは

通信障害で

4月5日より何らかの原因でうちのブログが携帯及びスマートフォンで見えなくなっています。またパソコンでも見えない機種があるようです。色々と問い合わせましたがらちが明かずこれを機会にホームページを含め全てを刷新する事に決めました。無知がゆえに無駄なお金も支払っていたことが判明したり高額な商品に手を出しそうになったり良い勉強になりました。今しばらくお時間を頂ければと思います。

告知をしてもあまり見えないのでとは思いますが19日金曜日夜の営業はお休みを頂きます。どうぞ宜しくお願いいたします。

それで

白菜の花。

305

茅ヶ崎の契約農家から送られて着ました。白菜の花です。この時期だけの限定らしく市場には出回らない一品。酢味噌和えのホタルイカと共に召し上がっていただいています。

ブログが閲覧出来ないと言う報告を頂きましたが問い合わせ中ですが中々埒が明かず正直困っています。
良い方法があれば教えいただきたいです。

昨日より早朝野球のリーグ戦が始まりました。我がトマホークは早くのメンバー不足g

千葉の大原から

304

15k超の大型ヒラマサ、さすがに何処のお店も使い切れないと言う事で仲買いさんが分けてくれました。築地も変わりました。中々お店同士で分け合う感覚は無かった思います。今日で3日目。ちょうど良い味になりました鮮度が命の場合もありますが大型の魚の場合は寝かせた方が脂の乗り旨みが増します。ご期待下さい。

さすがに春の嵐。ピタッとお客様の足が止まりましたが、それでも遠路はるばるご来店頂いたお客様、ありがとうございました。

それでは

三崎の立派なカマスです。

303

見事なカマスで三崎港の水揚げでうちでは皮目を焼きましてお刺身で召し上がって頂きます。

今春最後の大仕事、会社での花見会で寿しを握ってきました。推定200名。久し振りに太志と二人仕事。握るペースが速すぎ用意した寿しを完売!追加注文を頂いたのですが主催者は苦い顔。並んで食べるのが良いんだとお叱りの言葉で反省しきりでした。久し振りに息子の仕事を横目でチラチラ、一人で出張させても好評なので安心していたのですがバカも3年経てば立派になるの言葉を地で行く典型的なパターンです。

今日は爆弾低気圧だぞとテレビで宣伝。早くもキャンセルの申し出。お願いしますよ・・・・・

はやくも初夏の風物詩、新ガリの仕込を始めました。ほのかに桜色に変わって月曜日からのご提供予定です。

それでは

ホタルイカです。

302

春日子鯛が終わり、ホタルイカが届くと本当の春が来ます。富山では白海老漁が始まるはずです。魚に携わり四季を感じる時が一番嬉しい時です。
一時、生ホタルイカが出回って自分も沢山提供しましたがどうも怪しい雲行きになりました。それと言うのも昔から地元では生食はしていないそうで観光客が喜ぶからと言う理由で提供していたそうです。先人の教えと言うか、ホタルイカの内臓からウィルスが見つかり今ではご法度になりました。醤油漬や茹でた物は勿論大丈夫なんですが何ともって感じです。

それでは

出前事情。

301

マンションのセキュリティの厳しさの煽りを受けて、お届けしたあとの出前下げが出来ず仕方なく使い捨て容器を使わざる得ない出前事情。味気ないと思いつつこれも時代の流れと諦めています。

終日雨の一日。久し振りの休日とこちらも諦めてさっさと店仕舞い。読みかけの本に手がいきました。お客様の上司が自己出版したミステリー。強制的に買わされたと言って一冊置いていかれました。素人が書いたにしては上出来ですが・・・・
何でも上司の上司?を殺したいと思ったのですが本当に殺すわけには行かず小説で殺してしまうと言う魂胆。付いた題名が怨念連山。読み終わったので興味のある方はどうぞ。
プロの書いた冬の童話。大好きな作家、白川道さんの作品。こちらも30年来のお客様であり何でも話せる親友から泣けるよ!と言って貸して頂いた小説。泣けるし、読んでいて背景の音が感じられるのに驚きで初めての感覚でした。流石は白川道。

それでは