カテゴリー別アーカイブ: 太志の一品

今日のお奨めは〆鯖です。

IMG_0185秋サバ、嫁に食わすなという言い伝えがある通り秋が旬ですが今日入荷した鯖は今季一番だと太志が言っています。ちょうど酢に漬けた所を撮りました。太志も包丁を入れた段階で良しあしの解る板前になりました。亡くなった親父が言っていた言葉を思い出しました〖馬鹿も3年経てば三つになる!〗

寂しい情報が入ってきました。詳細は全く不明ですが先輩が店を畳んだとの事。事実とすれば寂しく、悲しいですね。歳と共に涙腺がめっきり弱くなり事情も分からずただただ涙が止まりません。

それでは

寒い夜はブリ大根。

IMG_0183当店最大の大鍋で鰤のアラでじっくり出汁を出した秘伝?の煮汁で冷やしては炊く事を繰り返し太志の一品に仕上げました。なにせ冷える時に味が入るらしくこれでもかと繰り返してます。余れば当然、賄に回るはずなんですが好評で余らないよ!とつれない返事。残念です。

何時もケイタリングでお会いしている方たちが週末ご来店。自分では何時も同じだと思っていたのですがどうも違うらしいのです。ケイタリングの時は緊張感が無い!と言われてしまいました。リラックスし過ぎを反省します。お店に来て頂いて本当にうれしかったです。

それでは

正月がもうすぐです。

img_0168この卵焼きを焼き始めると新しい年が来ると実感します。我が家のいつの間にか出来た家訓は12月30日から31日は全員集合です。正月に何処に行こうが構わないのですがこの日に集合出来ないとそれ相当の理由がいります。次男三男が卵を割り長男が焼く様は親父冥利に尽きます。徹夜で焼くのですがこの日は会話が途切れる事はありません。一家団欒が卵焼き、こんな家族があってもいいでしょう。100件以上の家庭に貰われていきます。

今年も一年お世話になりました。色々な方に迷惑をかけながら何とか新しい年を迎えられそうです。感謝の一言です。ありがとうございました。

それでは

久々の大量注文でした。

2016060416240000カウンター一杯に広げた幕の内弁当。全ての料理を作らなければいけないので太志には良い仕事です。刺身を引く以外は太志にまかせっきりです。流石に座敷で高鼾をしていたら、いい加減に起きろと言われました。煮物、焼き物、揚げ物等料理の基本が詰まっています。唯一、刺身を盛るのが他店との違いでしょうか。又冷めても美味しく頂けなければいけないのも重要です。

2016060416250000シンガポールのSさん、そちらにはこういうものはないでしょうね。ザ日本です。ご飯を握りに変えれば完璧な〖寿し懐石〗になります。こちらは昨日から梅雨に入りました。そろそろシンコの季節になります。入荷しましたら美味しい写真?をお送りします。

それでは

 

夏の料理です。

太志曰くトマトの冷やし煮込みだそうです。女性に人気があります。久しぶりに土日は店でじっくりお客様の相手が出来ます。またまた『星鰈』が入荷しました。シンコフアンには残念なお話です。何度か来た台風のおかげでシンコが不漁です。いつもですと値段も落ち着き沢山召し上がって頂けるのに近年にない状況です。星鰈を魚に緑の新酒で一杯やって下さい。

IMGP1841それでは

お酒の友。

IMGP1807今日は太志の料理のご紹介。スミイカが終わり白イカが入荷。そのミミでウニ和えと赤貝のヒモでヌタを作りました。日本酒と一緒に頂くとまた、別格です。

IMGP1808まあ、根気よく作ってくれました。炊き合わせ。どなたにも好評で定番にしたいくらいです。料理に性格が出ると言われていますが俺には作れません。しゃっべて握るだけが似合うと言われていますが本当にそう思います。

それでは

炊き合わせを作ります。

IMG_2768忙しい主婦にはちょっと無理な料理を太志が作ります。黒皮かぼちゃ、ニンジン、レンコン(新物)、高野豆腐、椎茸、粟麩、などの品を料理名の通り全て別々に炊き、盛り合わせます。今のご時世に逆らうかのようなある意味贅沢な料理だと自分は思います。刺身と寿司の合間に楽しんで頂ければと思います。

それでは

太志の力作です。

318

今日は太志の料理、2品のご紹介。
小さいお皿はある意味エコです。お刺身の期限が過ぎた白身などを南蛮漬けにし目葱を添えて。
写真下の料理なんですがネタをばらすと太志に怒られそうなので詳細は伏せますがカイワレ大根と茗荷の下に即席漬けのキュウリがあります。女性に人気がある一品です。
色々考え料理を作っています。駄作もありお客様の批評が一番の教えになっています。幸せなやつですよ。

25日は太志が友人の結婚式に出席の為と自分は出張の仕事が入りお店はお休みです。宜しくお願いいたします。

それでは

今月のお薦め料理。

292

まだまだ寒い日があると思うのですがすっかり春めいてきました。
もう、すっかり定番になりました”桜蒸し”。三崎より直行の金目ダイで太志が作りました。好評です。

昨日は人生の師のお別れ会に行ってきました。時代遅れのナビのお蔭で田んぼの真ん中で「案内を終了します」。まったく土地勘のない場所でのこの放置プレイはないでしょ。

今の時代を逆行するような先生でビンタよりグーの鉄拳制裁でした。本当に良く殴られましたがお蔭で今があります。俺の一生の悔いは一度だけ女性を殴ったことだ。と涙ながらに言われたことが強烈に印象に残りその教えは今でも守っています。
お店を持つと年に一度は訪ねてくれて、後にも先にもそんな先生はいません。茶目っ気もたっぷりでナイター競馬が見たいから連れて行けと言われたときは本当に嬉しかった。先生とゴール前で絶叫!ですよ。

奥様が参列する私を見つけ亡くなる3日前ににもオートレースに言っていたと耳打ちされ思わず失笑。流石は先生です。

今日は震災の日です。あれから2年。それぞれの思いを持ちながら生きて、生きて、生きて下さい。

それでは

女性向け商品。

251太志が女性向けに開発しました。当店、始まって以来のトマトを使った料理です。詳細は親父には分からないと一喝されましたので担当者より詳細は聞いてください。
女性のお客様におおむね好評です。
お客様の声が太志を育てて頂けますのでバンバン批判して下さい。お願いいたします。

昨日も六本木のパーティーに呼ばれ寿しを握ってきましたが息子さんに本業は譲って社外のお付き合いを担当しているとの事。言い事が沢山あるのですが今は我慢、我慢と言われ、お前も追い出されたのか?と妙に
親切にされました。
新しい時代になっていくのですが、嬉しさ半分、寂しさ半分と言ったところが共感し、12日も来いと仕事を頂きました。
パーティーで細々自分の世話をして頂ける執事の方がいらしゃるんですが何と昭和39年入社、先代から使えているそうで凄いの一言。俺が小学4年、東京オリンピックの年にですよ。かれこれ50年。大変でしょうの質問にお察し下さいの一言。これまた凄い!

それでは