カテゴリー別アーカイブ: 本

久々の大沢在昌さん

001本当に久し振りに大沢さん作品です。何と言っても文章のスピードが好きです。新宿鮫が一番でしたが本屋で魔女シリーズを発見したのですがやっぱり女性を書かせたら・・・・・・北原白秋かな親父の本を読んだ時に感じたことですが良い女は白磁ですよ。そのイメージからするとほど遠いイメージだからちょっとがっかりしています。10連休は読書週間です。お客様から富士山の麓で遊ぼうと誘われていてそれも楽しみです。

桜の散った、雨の日は。

今、一番面白いと思っている作家さんです。白川通さんの後継者と自分は思っています。毎年桜の散った無力感が店を襲います。この桜の期間に目黒川を訪れた方が300万人。うそでしょ。東急電鉄のお偉い方が言うのだから間違いないでしょう。こんな時代を誰が想像したのでしょうか?その流れに乗って昨夜も全く日本語を喋らないドイツ人兄弟が来店。英語の出来る常連さんがいてくれて通訳して頂き事なきをえましたがこれから増えると思うと頭が痛いです。唯一分かった言葉がワンファザー、ツーマザーでした。日本語に直すと腹違い兄弟。

それでは

お世話になった方が出した本です。

001才能があるとか言う前にビジネスマンと思っていました。良く二人旅をしました。故郷の熊本まで車で帰る車屋さんでもある方で旅は車が多かったのです。車中の会話と言うより啓示に近い話を沢山、本当に沢山頂きました。淡々と自分の事も話してくれるのです。そしてこの本を上梓されました。釣りの話もよく調査されているところがビジネスマンですが自分には人生を語っているように思えてなりません。そして面白い。登場人物の顔が見える本は初めてです。小説も書きたいと言っていたのでこれからが楽しみです。

それでは

読みも読んだり51冊。

IMG_0585本の帯にもありますが遂に完結。水滸伝、楊令伝、そして岳飛伝。合計51冊。北方先生にこれ程お世話になるとは思っていませんでした。ハードボイルドが嫌いでしたので初めて読む作品でした。病院の深夜に読んでいたのがこの本で生きて行こうと強く感じました。この51冊は何度も読み返すと言う水滸伝ファンに収集されてます。自分は読んだ本には未練が無く貰われていくのが本にとっては幸せだと思っているので読んだ北方水滸伝シリーズは幸せだと思います。

本当に暑い日が続く厳しい夏になりました。朝晩は秋の風が吹き始めましたが体調を崩すのはこれからです。このブログを読んで頂いてるすべての方に”どうぞ、ご自愛ください”

保健所の指導で9月が一年で一番食中毒が発症するそうです。

それでは

流石は本屋大賞。

IMG_0498不思議な本に出会いました。少し?と思っていました。本当に書店員さんが一位に選んだの?と思う本が続いた本屋大賞。久し振りに読み応えのあるファンタジー作品で学校の先生に呼んで欲しいなと思う本でした。

手術後の深夜、寝れなくて電気の消えない病院の一室で良く一人朝を迎えました。付き合ってくれるのは本でした。本当に本に助けられました。小学4年の時に可愛い図書室の女の子に〖もう読んだんですか〗言われたくて始めたのですがどんどん本の魅力に取り付かれていきました。動機が不純とは良く言ったものです。でも還暦を過ぎて本があったから助かったなんて言うんですから。もう、顔も名前も忘れましたが感謝ですね。

今日は珍しい仕事が舞い込みました。仔細は許可を頂ければ明日に

それでは

これから読みます。

IMG_0212久し振りの現代ミステリー。お二人に面白いよとお奨め本です。グリコ事件の話だそうです。塩田武士さんと言う作家は初めてです。

カリスマブロガーと書いてもよくわからないのですが当店の出張で会いまして気に入って頂きその人のブログで紹介頂いたのですが散々宣伝しても全く効果が無かった出張が今月は倍増しまして本当に凄い人がいるものです。感謝、感謝で厳しい2月も何とか乗り越えそうです。ありがとうございました。

それでは

忘れられていく、寿司ネタ。

IMG_0211最近の傾向で回転寿しに置いていない寿司ネタはあまり売れません。代表格がこの2種です。タイラギと小柱少々値が張るのも一因ですが残念の一言です。取って代わって勢いを増すのがサーモン。昔の人?には全く売れないのが特徴です。出張する時にお集まり頂く方の年齢を気にするのはこの寿司ネタの為です。

満州国演義全9巻を読了しました。司馬さんが成し得なかった第二次大戦の総括。この本から船戸さんが取って変わると思っていたのですが鬼籍に入られてしまい非常に残念です。

それでは

久々の本屋さんで

img_0179久し振りの何もない休日。自然と足は本屋さんに。新しく出来た中目の本屋さん。何処に何があるか分からず右往左往、諦めて何時もの本屋さんへ。読みたい本ばかりで選ぶのに大変でした。北方さんは水滸伝、楊令伝に続く岳飛伝。買っちゃうんですよね。水滸伝が多分21冊、楊令伝が12冊くらいであっさり、楊令伝が終わったと思ったら次があったんですね。何時まで続くか騙されましょう。好きな作家が3人揃い踏みネットで買うのもいいのですが現物を手にしながら選ぶのはいいものです。

それでは

これから読む本です。

本この本も読んだからと頂いた物です。今野敏さんは好きな作家ですから今から楽しみです。体も方々がたついてきていますが目に関しては近視に老眼が足されると良く見えるようになると言う話を聞いた事がありました。ホントかなとは思っていたのですが本当に見えるようになりまして裸眼で新聞、本が読めます。亡くなった親父の影響で本を読むようになったのですが晩年はメガネを架けての読書が苦痛だと言っておりました。因みに自分の名前は芥川龍之介ファンの親父が芥川さんの息子さんの名前を頂戴して比呂志、弟が也寸志そのままです。

同い年の大横綱千代の富士さんが亡くなり衝撃を受けました。何時何があってもおかしくない歳になったと言う事ですが同い年で・・・・・・・

ご冥福をお祈りします。

それでは

本屋大賞。

2016052314030000今期の本屋大賞です。これからなんですが面白くなければ本屋大賞も次回からは読みません。敢えて名前は伏せますがこれが全国の書店員さんが一番に選んだという本か!色々何とか賞と言われる物がありますが出版社の事情が選考に左右されている話も聞きます。唯一そんな事情に左右されない純粋に全国の書店員さんが一位に選んだ作品を大賞にする。それが本屋大賞。期待して読んでガッカリしてしまうのは最後にしてほしいですね。

シンガポールのSさん先日はありがとうございました。げっそり痩せてビックリしましたがどうしてどうして、あの食べ方は大丈夫ですね。今日は本の紹介ですが日本に帰りたくなるような魚を紹介していきます。どうぞ、お元気で

それでは